イヤホン/ヘッドホンの多くが中国で製造されているのはよく知られている事実だが、中国の地場ブランドも猛烈な勢いで急発展を遂げており、DUNU、Astrotec、OSTRY…と、注目すべき中国ブランドが続々と登場している。素晴らしいサウンドを設計するノウハウを蓄積し、目を見張るような製造技術の向上をみせている状況だ。いずれも個性と独自性を持ちながら、高品質なサウンドと驚異的なコストパフォーマンスを両立させたオリジナルモデルを矢継ぎ早に発表してきている。

◆Fidue A81画像

▲FidueのフラッグシップモデルA81。ダイナミックドライバー1発のシンプルなイヤホンだが、そのサウンドは高解像度で非常に洗練されたもの。耳に障る嫌な成分もなく、全域にわたってパワフルかつデリケートに音像を作り出す。高額だが、その音を聞けば納得のサウンドだ。

▲私の場合、一回り小さめのシリコン製イヤーチップで最高音質を堪能できたが、その分遮音性はいまひとつ。弾丸型の低反発チップも付属するが、こちらは遮音性とフィット感が大きく向上するものの、中高域のみずみずしさがスポイルされるので、ご注意。

▲2種類同梱されるケーブルのうち、音質にこだわったメインケーブルはクリスタル銅線28本の撚り線からなる銀メッキ銅ケーブル。柔らかく使用感もいい。

▲ケーブルを着脱したところ。もうひとつのケーブルはリモコン付きで、ハイエンドクラスのPUワイヤーケーブルを採用しタッチノイズも軽減されている。

▲立派なケースにキャリングケース、ケーブル2本、イヤーチップ、ケーブルクリップが付属する。

▲A81購入者にプレゼントされるFidue Upgradeキャンペーングッズ。早い者勝ちなので、お急ぎを。

今回紹介するのは、渋谷宇田川町にショップを構えるDMRが正規代理店を務めることとなったFidue(フィドゥー)のA81というモデルだ。既に専門ショップでも人気商品となっているモデルなので、愛用しているイヤホンマニアも多いことだろう。

Fidueは以下の5つのスローガンを掲げている。Fidelity(自然なサウンドに忠実、忠誠である)、Inspired(魂に響く)、Durable(永続的なクオリティ)、Unique(唯一無二の思考、デザイン)、Enjoyable(人々に楽しみを与える)という5つだが、これら各単語の頭を並べたFidueをブランド名としている。大仰とも言えそうな前口上だけれど、設計思想と出来上がったものは完全に本気モードで、その音を聞けばいわゆる妥協なきガチ本格志向のブランドであることが一聴して分かる。

Fidueから発表されているイヤホンは現在A81とA63という2機種のみで、前述のA81はdmr!オンラインショップで¥32,900(税込)という高額モデルだ。ダイナミックドライバーが一発入っているだけのシンプルなスペックなのだけど、サウンドに隙はない。閉塞感の全くないヌケの良さを持ち全域がストレスなく鼓膜を刺激する鳴りっぷりで、メリハリのある明るく派手目なトーンバランスを持っている。低域は太く低くかなりの量感を持つが、粘度が低いためもっさりしない。下品なドンシャリにならないぎりぎりで寸止めするという、実に絶妙なチューニングが施されている。

A81を耳にして「あ、この音は…」と最初に思い起こしたのは、実はゼンハイザーのIE80だった。個人的な思い出話だけど、IE8からIE80にアップデートされた時の衝撃は大きく、魅力的な低域の質感と量感をそのままに中高域のヌケが格段に改善されたことにいたく感動し、強いインパクトとしてIE80の記憶が好印象のままに焼き付けられている。それを唐突に思い起こしたのも、A81のサウンドが、自分が思う理想サウンドのツボどころにズボッとはまったからだろう。実際ハウジングの大きさや形状にもIE80を彷彿とさせる部分もある。

とはいえ、本当のところはIE80の音はA81と聴き比べても、さほど似ているわけでもない。トーンバランスは近いところもあるけれど、IE80のほうが中域に実在感のあるサウンドで、良くも悪くも暑苦しさを持っている。中高域の抜けはA81の圧勝で、爽やかさや清潔さを持ち合わせていることで、現代的で理知的なバランスに聞こえる。

低域も存分に迫力があり高域も十分に伸びているため、そのバランスの心地よさに高い評価が集まるような気もするのだけれど、実のところA81の最大の魅力は、中域の美しさに尽きると思っている。耳につくような不自然なピークも皆無で、ハウジングの持つ固有の共振周波数も一切感じさせない。ボーカルはもちろんギターのバッキングからストリングス系、ブラス系に至るまで、中域を彩る音楽のメインパートが何の阻害も受けず、けがれなきクリアなままに鳴ってくれるのだ。この滑らかで艷やかでサラサラと流れるように美しいミッドレンジが、女性ボーカルものやアニソン系に魅力2割増しという魔法をかけてしまうので、聴いていると自然と顔がニヤけてくる。いわゆる美音系と呼ばれる「低域控えめ高域伸びやかなハイ寄りチューニング」ではないサウンドで、女子モノをキュートに聞かせる稀有なバランスは、是非一度チェックしてみて欲しいところ。重箱の隅をつついてもホコリひとつ出てこない素晴らしいチューニングセンスだと思う。

ただし、サウンドは最高品質でありながら、残念なことに装着感が良くない。もとよりこれは個人差に依存することなので、私の耳の形との相性がイマイチというだけの話だけど、完璧なフィットがどうにも難しかった。シェルからのステムの方向(角度)が、自分の耳孔の向きとフィットしないようで、耳孔にまっすぐステムを挿すとフェイスプレートが斜めにセットされてしまい、装着感が損なわれる。イヤーチップの種類や大きさを吟味しいろいろ試した挙句、最高の音質が得られる状態は見つけられたのだけど、その状態だと遮音性が担保できないという状況だ。もともと遮音性はさほど高くないようなので、いっそ自分にとって最も心地よいサウンドの状態を追求し、広い音場と開放感をめいっぱい楽しんで遮音性は求めない…そんな使い方をすることで、A81の魅力が更に際立ったような気がする。

なお、現在Fidue Upgradeキャンペーンとして、A81購入者にシリコンイヤーピース2セット・低反発素材イヤーピース1セット・耳掛け用アダプター1セットがFidueロゴ入りケースに入った「Fidue Upgrade Set」がもれなくプレゼントとなる。数に限りがあるため無くなり次第終了となるが、ここは是非手に入れておきたいところ。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

●Fidue A81
¥32,900(税込、@dmr!オンラインショップ)
・形式:カナル型
・ドライバー:φ10mm チタニウムドライバー
・再生周波数:13Hz - 25kHz
・インピーダンス:16Ω
・音圧レベル:103dB
・定格出力:20mW
・プラグ:3.5mm 金メッキステレオミニプラグ
・付属品:イヤーピース4セット、ケーブル2種類、ケーブルクリップ、収納用ケース

◆Fidue国内オフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル


BARKS編集長 烏丸レビュー(■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)