グラディス・ナイトがヒップホップを“俗悪”と批判

ツイート

"ソウルの女帝"とも評されるベテラン・シンガーのグラディス・ナイト(Gladys Knight)がヒップホップを批判する発言をして議論を呼んでいる。

グラディス・ナイトは、自身が出演する映画"I Can Do Bad All By Myself"のプロモーションで行ったインタヴューの中で、ファンのひとりが「ヒップホップがブラック・ミュージックに与えた影響についてどのように考えているか?」と尋ねたところ、「若いアーティストにスターになる機会を与えたという意味では良かったとは思う。でも、私個人の意見としては、音楽のクオリティという面や、何が語られているかという点では、悪かったと思う。ヒップホップは俗悪だわ。ヒップホップが音楽の面で業界を発展させたことはないし、 アフリカン・アメリカンである私たちを高めたことも間違いなく、ない」と批判。このニュースが流れると、彼女の発言に対し、批判や怒りの声が上がる一方で賛同も寄せられるなど、ネット上ではさまざまな反応が起こっている。

なお、グラディス・ナイトがこのような発言をするのは初めてではなく、過去にもシルク(Silk)のヒット曲"Freak Me"を聴いて、「若者にはもっと意味のある歌詞の音楽が必要ね」と批判したことがある。

text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス