週刊エンタメ情報・今週の1行ニュース(2007.05.26)

ツイート
●立体映像によるライヴ・ドキュメンタリー映画『U2 3D』を引っさげてカンヌ映画祭に登場したU2は、劇場入口でミニライヴを披露し、映画関係者やファンを驚かせた。

●ポール・マッカートニーは、ヘザー・ミルズとの離婚協議と娘の親権問題が決着するまで、新作にともなう大規模なワールドツアーを見合わせるようだ。

●以前から不仲が噂されているアヴリル・ラヴィーンとヒラリー・ダフは、『Maxim』誌による「最もホットな100人」のパーティで鉢合わせし、一触即発の状態だったらしい。

●一方、ジェームズ・ブラントは、カンヌ映画祭のパーティで元カノのペトラ・ネムコワと鉢合わせしそうになり、あわてて引き上げたとか。

●コートニー・ラヴは、故カート・コバーンの写真がドクター・マーティンの広告に無断で使われたことを知り、「寝耳に水だし、許可するはずがない」激怒している。

●マリリン・マンソンは、「Heart-Shaped Glass」のビデオで見せた恋人エヴァン・レイチェル・ウッドとのセックスシーンについて、演技かどうかは「肯定も否定もしない」と言葉を濁した。

●ジョン・メイヤーとジェシカ・シンプソンは、ジェシカがカンヌ映画祭に出発する前に破局したと報じられたが、ジェシカが帰国した直後に復活したらしい。

●ジェイ・Zとデーモン・ダッシュは、映画『State Property』のコンセプトは自分が書いた小説から盗用されたと主張するフィラデルフィアの作家から、1,500万ドル(約18億円)の損害賠償を求める訴訟をおこされた。

●ブラック・アイド・ピーズのファーギーは、刑務所入り直前のパリス・ヒルトンについて、「パリスは私にはいつだってフレンドリーで優しかった。セレブだからって特別扱いされるべきじゃないけど、酷い目に遭ってほしくはないわ」とコメント。

●エイミー・ワインハウスは先週末、婚約者のブレイク・フィールダー・シヴルとマイアミで電撃結婚した。

●<アメリカン・アイドル>シーズン6の決勝が23日に行なわれ、17歳のジョーディン・スパークスが番組史上最年少で優勝。当日はゲスト・パフォーマーとして、グウェン・ステファニーやグリーン・デイ、エアロスミスのジョー・ペリーなども登場した。

●一方、ダンス・コンテスト番組『Dancing with the Stars』に参加していた元イン・シンクのジョーイ・ファトーンは、ファイナル2組にまで残ったが、惜しくも優勝を逃した。

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報