ニュース・最新情報

プロフィール・バイオグラフィ・リンク

91年9月、大島康佑(Key)、上杉昇(Vo)、柴崎浩(G)の3人によりWANDS結成。バンド名は、タロットカードの“WANDS”からつけられ、“情熱”“理想に向かって進む”という意味を持つ。同年12月に1stシングル「寂しさは秋の色」でデビュー。''90年7月リリースの3rdシングル「もっと強く抱きしめたら」がロングセラーを記録。発売後7ヶ月にしてヒットチャートの1位を獲得する。その後大島が脱退、代わりに木村真也が加入し、4thシングル「時の扉」、8thシングル「世界が終わるまでは…」など、ヒット曲を連発。’97年上杉と柴崎が脱退、和久二郎(Vo)と杉元一生(G)の新メンバーで活動を再開し、9月に「錆ついたマシンガンで今を撃ち抜こう」をリリース。そして2000年3月“解体”を表明。約10年にわたる活動が完結した。