矢沢永吉の最新情報は音楽総合サイトBARKSで!1949年9月14日広島生まれ 1972年ロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。このバンドは約2年半の短い活動期間であったが、日本語ロックの走りとして、その後の日本のミュージシャンたち…

  • VALSHE
  • KUNI
  • 藤井フミヤ
  • Prince
  • Yes
  • 加藤和樹
  • w-inds.
  • SHURE
  • [Alexandros]
  • 清木場俊介
  • 福島和可菜
  • the GazettE
  • NMB48
  • David Bowie
  • Paul McCartney
  • gibkiy gibkiy gibkiy
  • Michael Jackson
  • Eminem

矢沢永吉:ニュース・最新情報

NEWS

矢沢永吉:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

1949年9月14日広島生まれ

1972年ロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。このバンドは約2年半の短い活動期間であったが、日本語ロックの走りとして、その後の日本のミュージシャンたちに与えた影響は計り知れないものがある。1975年春、日比谷野音で燃え盛る炎の中「キャロル」解散、この年の秋、早くも矢沢永吉はソロデビューを果たす。

1977年には、日本人ロックアーティストとして初の武道館公演、78年には後楽園球場公演と、快進撃を続けた矢沢は、自らの生きざまを語り下ろした著書「成りあがり」で、一大「矢沢ブーム」を作りあげた。

しかしブームに安住することがない矢沢は、1981年にはLAで全編英語詞によるアルバム「YAZAWA」を世界発売、翌年にはドゥービーブラザーズのメンバーをバックに従えた「来日公演」を実現させ、またもや人々をあっと言わせた。さらに1988年以降は、ロンドンのミュージシャンたちとのセッションも開始するなど、その飽くなき創作精神は止まるところを知らない。1997年には、ロンドンで行なわれた世界イベント「SONGS&VISIONS」にアジア代表として出演、ロッド・スチュアート、ジョン・ボンジョヴィらと同じステージに立ち、大いに話題を呼んだ。

2000年代に入ってからは、新たな試みとしての矢沢流アコースティック・ライヴYAZAWA CLASSICを敢行。さらにロックとYAZAWA CLASSICを融合したROCK OPERAを完成させる。その一方、飛び入りライヴや、これまで封印していたROCK FESTIVALへの参加等、その活躍は益々多岐に渡ってきている。

2007年には前人未到の武道館100公演目を含む30箇所、40公演「THE REAL」ツアーを敢行。

2008年には、デビュー以来、欠かさずライブツアーを行ってきた矢沢が、37年目で初、ステージに立たないことを決意。“少しじっくり距離を置いて考える”というコメントを発表した。

矢沢永吉:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET