【BARKS編集部レビュー】絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品

twitterツイート

10月25日~26日に開催される<秋のヘッドフォン祭 2014>が目前に迫るとともに、目玉と思しき情報がチラホラと漏れ聞こえてくる。オーディオテクニカやビクター、日立マクセルからも新しいイヤホンが登場するようだし、音茶楽やRHAからも新製品のアナウンスが公開されている。

◆お薦めイヤホン6品画像

これまでも<ヘッドフォン祭>でたくさんのイヤホン/ヘッドホンと初対面してきたことを考えると、今回も不意打ちを食らう衝撃のサウンドや目からうろこのアイテムなど、様々な刺激と出くわすことだろう。ネット上でもトピックスが駆けまわり、様々な話題が賑わうことと思われる。

そんな嵐のような新製品ラッシュ情報に埋もれてしまう前に、今このタイミングでお薦めしておきたいイヤホンをまとめてご紹介したい。「こもりなし」「メリハリ抜群」「エネルギッシュなサウンド」を叩き出す攻めの6品だ。

▲eme audio H-300

まずはeme audio H-300。いまさらかよ…と言われそうだが、2BA+1ダイナミック構造をもってハイブリッドイヤホンの最終形とでも言えそうな完成度を携えて2014年8月に登場したハイエンド・イヤホンだ。市場価格42980円というかなり高額なモデルだが、予算を一点集中しファイナルアンサーを求めるのであれば、H-300に突撃するのは賢明だ。低音好きの人でも高域好きな人でもボーカルを爽やかに聞きたいという人でも、みんな満足させてしまうような、全帯域でのクリアネスが実現されている。高級感溢れるハウジングと、ケーブルも着脱できリケーブル可能という点も高く評価されている。

▲UCOTECH IL300 affetto

「eme audio H-300がいいのはわかったけど、そんな予算はない」という人もたくさんいることだろう。もちろんそこは想定内。そういう人にこそお薦めしたいのが、UCOTECH IL300 affettoだ。10月5日にレビュー記事を執筆しているので詳細はそちらをご覧いただくとして、こちらはH-300さながらのハイファイなサウンドを叩き出すにも関わらず、1ダイナミックドライバーというシンプルな構成をもち、23800円というぐっと抑えた価格が実現されている。コンパクトな筐体も魅力で、コストパフォーマンスは抜群だ。

▲ROCK JAW ALFA GENUS

23800円なんてまだまだ高級価格、そんなのムリムリ…という人、まだまだ多いですよね?はい、わかります。そのためにご紹介したいのが、ROCK JAWのALFA GENUSだ。ROCK JAWは2014年8月に日本初上陸を果たしたイギリスのブランドで、ヘッドホンとイヤホンを各1モデルずつひっさげての登場となった。正式販売が9月末だったのでまだ市場に出たばかりでほとんど存在も知られていないモデルだが、イヤホンのALFA GENUSはハウジングに天然のエボニー材を使用したモデルで、素晴らしいバランスとメリハリの効いたハツラツとしたトーンを持っている。こもり感もなく、耳につく嫌なピークもなく、とても心地よい音空間を簡単に作りだしてくれる。これで¥9,800なのだから、もう買いである。しかも違うフィルターが付いたノズルパーツがもうひとつ同梱しており、それに交換するとサウンドがグッと落ち着き、しっとりと味わい深くバランスのとれた優等生なサウンドになるという、おまけ付き。これは価格破壊の領域だと思うんですが、いかがでしょう。

「¥9,800もまだまだキツい。ずばり5000円以下で同等のサウンドを紹介しろ」…そんな声が聞こえたような気がしたので、無理ゲーだけれども、お答えを用意しました。

▲MUIX IX3000

今回の私の隠し球、MUIXのIX3000、4,480円です。コストパフォーマンスという意味では、これまでのどれをとっても、このIX3000には敵わない。ほんとうに美しいトーンバランスを持っており、奇をてらう姿勢が全くない。逆に言えば、5000円くらいまでの価格帯の製品の場合、特徴を持たせることで、魅力的な長所が秀でてくるとともに、ちょっといただけないポイントも噴出してしまったりするもの。トレードオフもアチラコチラで発生し、低域は魅力だけど高域が…とか、音場は気持ちいいけど解像度不足が…といった具合で、モデル選びにも骨が折れる。そういう点で見れば、このIX3000にはウイークポイントが見当たらない。フラットケーブルが嫌いとかデザインに特徴がないなど、見た目には十人十色の意見があるだろうが、ことサウンドに関しては、素晴らしい完成度をもって文句をつける隙がない。音楽を真正面から実直に再生してくれるため、つまらない音という印象もなく、不満も生じない。この価格にして“音楽を楽しく正しくきっちりと再生することにコミットしてくれるイヤホン”って、世にどれだけあるのかな…そう思えば、5000円以内でまずチェックすべきモデルはIX3000であると私は確信している。

▲EOps Noisezero Sports+(Black)Coca Cola

もっとおもろいの、ないですか?そんなリクエストに応えるべく、EOps(イオプス)のNoisezero Sports+(Black)Coca Colaも紹介しておこう。こちらは¥9,680。これはその名にあるように、コカ・コーラとのコラボ製品なのだけど、何がコカ・コーラなのかって、実はリサイクルされたペットボトルの素材で作られているのだ。リユースをコンセプトに、環境にやさしく耳にもクリアという志高きアイテムで、耳のくぼみに引っ掛けて安定させるフィンをもち、防水加工も相まって湿気や汗などにも強くなっている。イヤーチップにはコンプライが標準装備されており、遮音性も上々だ。で、こちらもサウンドもなかなかの高音質で、見た目のポップさとは裏腹に、クリアな好バランスを実現した硬派な音を聞かせてくれる。

▲NOBLE Audio Kaiser 10 Universal

以上駆け足ながら、間違いなくオススメできる攻めの5モデルを御紹介したが、やっぱり最後に触れておきたいのはNoble audio K10ユニバーサルの存在だ。通常販売価格¥189,800、<ヘッドフォン祭>での初回入荷分限定価格でも\179,800という弩級の価格のイヤホンなので、とても気軽にお薦めできるものではないけれど、そのサウンドは驚きと感動と興奮が三つ巴となって脳髄をかき乱すもの。世の中にはこんな突き抜けたイヤホンも存在するんです、ということで。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

●eme audio H-300 市場価格42980円
●UCOTECH IL300 affetto 23800円
●ROCK JAW ALFA GENUS ¥9,800
●MUIX IX3000 4,480円
●EOps Noisezero Sports+(Black)Coca Cola ¥9,680
●NOBLE Audio Kaiser 10 Universal Midnight Blue Sparkle ¥189,800(初回入荷分限定価格 \179,800)

◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル


BARKS編集長 烏丸レビュー(■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
●OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報