このカスタムIEM(カスタム・インイヤモニター:イヤモニ)は、米ブランドNoble Audio(ノーブル・オーディオ)の最新モデルSavantである。オフィシャルからは「ソリッドなロー・エンドとクリーンなハイ・エンドを特徴」とし「同ブランドのフラッグシップK10に近いサウンドながら、高域へのフォーカス感を強め軽快ながら解像感と芯のあるサウンド」とアナウンス、K10に対しSavantは「Baby K10」というコードネームで開発されたニューモデルだ。

◆Noble Audio Savant画像

Babyというニュアンスにはドライバー構成の軽量化も示唆しているように思えるが、サウンドを聞く限りK10の下位モデルとは到底思えない。サウンドに注力すれば、赤ちゃんというよりはさしずめナイスプロポーションの絶世の美女「Lady K10」というイメージだろうか。



Savantカスタムのサウンドには、どの帯域においても耳への刺激と痛さがない。K10と共通して暖かく甘みがあり、肌触りは非常に滑らかで上質…いわゆる絹のような気持ちの良い質感を持っており、どのような音源でもどんな音量でもそれが破綻することはない。K10と直接比較すれば最大の注目ポイントは、何より疾走感とキレが向上している点だ。音がなめらかなのに、とにかく音が速い。設計上は「高域へのフォーカス感を強めた」のかもしれないが、高音が強く(多く)出るというニュアンスではなく、トーンはそのままに爽快感、清涼感がアップしたと表現した方が私にはしっくりくる。

ウエストや足首がキュッと締まったような印象なので、その分タイトになった低音がより一層刺激的だ。私にはK10に勝るとも劣らない低域のインパクトと量感を感じるので、低域は決して少なくなく、むしろ一般的には強いほうだとも思う。おそらく過多に感じないのは、スピード感のあるトーンだからだろうか。もともと私は低音フリークでもあるしドンシャリ大好きなので、ブーミーでなければ大盛りの低域は大歓迎なのだけど。

K10と同様、明らかに暖色系の音色だけれどベタつくような鈍重さは欠片もなく、爽やかさとヌケの良さが耳を引く。またもや今まで聞いたことのない絶品トーンのお出ましで、つくづくNoble Audioには感服する。甘みと温かみは彼らのチューニングセンスであり、この透明感にも似たクリアさは、最小限にまで押さえ込んだドライバー構成が生み出すソリッドさなのであろうか。見通しの良さは、Noble 5Cよりも更に上であり、クリアさもまた別格だ。




▲左からK10、Savant、5C。

手元のNoble 5CやK10との聴き比べを繰り返してみると、Savantはなんとなく5ドライバーなのかな?という気がしてくるのだけれど、5CとSavantを比べると、明らかにSavantの方がクリアで、低域と高域のメリハリに優れハイファイに聞こえる。音像の広がりも顕著にSavantが良い。逆に5Cのほうが全帯域がタイトにまとまっているので、ポップスを気軽に聞くにはこちらのほうがわかりやすくてパワー感を感じる。5Cにはピークがハイミッドにあるようで、女性シンガーなどの聞こえはとても良いが、その分高域から超高域の抜けが弱まることで、Savantよりも清涼感が落ちるように感じるのかもしれない。5Cも私のフェイバリットモデルのひとつだが、5Cの低域の押し出し感を高め、ピークを中高域から高域へ大きくスライドさせメリハリのある音色にチューニングし直すとSavantができあがる感じか。5Cの方がいい意味でワイルドで荒々しいが解像度とクリアさで劣り、Savantの方が繊細さに優れクリアでクリーンなトーンを持つ。それでいて艶は格段に増したので、女性ボーカルなどはより心地よく楽しめる。

なお、Savantは汎用型のユニバーサルモデルSavant Universalも同時に発表され、¥79,800というリーズナブルな価格で発売されているが、カスタムIEMとして作製する場合は、Noble Audioが最高峰を自認するPrestige(プレステージ)シリーズでしかオーダーを受けていない。プレステージとは、天然木材から加工材、アルミからカーボンといった様々なマテリアル素材からシェルを削り出して制作するシリーズで、その美しさと独創性、芸術性はNoble Audioの独壇場と言えるもの。一般的なカスタムIEMが耳型にアクリルを流しこみ紫外線で硬化させるUV硬化樹脂によって制作されるのに対し、プレステージは、素材の塊からシェルの造形を削り出して作られる。





▲これらがプレステージ用のマテリアル。様々な素材が用意されている。
ひとつのブロックから一組のプレステージ・モデルが削りだされる。


通常の木材ブロックで作ると100%ウッドなシェルができあがるわけだが、天然木材に飽きたらずNoble Audioでは独自な染色に始まり、木材と特殊素材を混ぜ合わせ、色から質感に至るまで不思議すぎて何でできているのか分からないようなマテリアルを作り出している。私は根がギター弾きということもあり、バーズアイメイプル(鳥の目のような杢が入ったカエデ材。硬質でレスポンスの速いギターサウンドを生み出す銘木のひとつ)をリクエストしたため、WIZARD'S WOODシリーズのMAPLE BASEが用いられ、このようなプレステージデザインで出来上がってきた。Noble Audioでは左右で色違いシェル/フェイスプレートのオーダーを受け付けていないが、左がウッド、右がウィザード中心のカラーリングとなり、結果的に左右好対象のレアなデザインに仕上がっている。木材部分も多彩な表情を持ったものだが、そこに絡む謎のウィザードデザイン部分は、紫・ブルー・金が非常に細かいラメとともに立体的に折り重なっており、見る角度と光の当たり方によって表情を変えるという、実に芸術的な仕上がりを見せている。

最近では3Dプリンタで制作するブランドも増えたが、このような製作手法を採っているブランドは、今もなお私の知る限りNoble Audioしか存在しない。その特殊すぎる突き抜けた製造法ゆえ、価格がどーんと跳ね上がってしまう点が唯一の欠点なのだけど、そもそも趣味性の高い世界ゆえに、ワンアンドオンリーの一本を生み出してくれるプレステージの存在価値は極めて高いものだ。


今回、Savantを聴きこんだことで確信し断言できるのは「Savantのサウンドが紛うことなきK10と肩を並べるクオリティである」という事実だ。だが、K10とSavantとの間には、ユニバーサルでもカスタムIEMでも10万円ほどの価格差が生じている。単にドライバーの少なさによる原価や生産コストの違いなのかもしれないが、この事実は実に興味深い。

カスタムIEMというアイテム自体マニアックな商品性のため、各ブランドで注目を集めるのはいつもフラッグシップだ。その品質次第でブランドそのものも評価されてしまう現実もある。Noble Audioが高い評価を得たのも、フラッグシップモデルのK10が素晴らしいサウンドだったからこそで、もしK10がフラッグシップじゃなくてミドルクラスに位置していたら、スポットの当たる機会が極端に減リ、ここまでのブランドをけん引するパワーと知名度は得られなかったのかもしれない。そういう意味では、今の確固たるブランドを確立したあとで、K10と肩を並べるクオリティを5ドライバークラスの構成で実現させ、真正面から叩きつけるというのは、ブランド構築のストーリーとしてはあまりに強烈だ。Noble Audioの戦略と実力はもう圧倒的である。

手にして分かるのは、このサウンドであればこそプレステージでしか展開させないというのは、Savantに対する真っ当なレギュレーションであろうと納得できる点だ。逆に言えば、最高峰の証であるプレステージでしか制作しないSavantは、K10に勝るとも劣らぬサウンドクオリティを持つことを暗に確約しているようなもの。事実、オフィシャルサイトではプレステージで制作する場合は、どんなマテリアルで作るのかをセレクトすると同時に、サウンドエンジンをK10とSavantのどちらを選ぶか?という作りになっている。これまでは、プレステージをオーダーするには338,000円~380,000円という高額を用意する必要があったが、Savantを選択するだけで価格が235,000円~277,000円と10万円以上もダウンするようになった事実を考えると、Savantの登場は、購入しにくかったプレステージを少しでも買いやすい金額に抑えようとするNoble Audioからの回答とも考えられる。つまりSavantの開発は、プレステージのために、K10に劣らぬサウンドを低コストで実現させる果敢なチャレンジだったのではないか。


K10とSavantは、大人と子供(Baby)ではなく、男と女のような位置関係に感じる。Savantのサウンドにべた惚れしてもK10がお役目御免になるわけでく、相変わらず暖色系K10のバランスの妙は陰りを見せるものではない。罪なもので、K10とキャラがかぶることはなく、K10が好きな人であればこそSavantにもその魅力は存分に響くのではないかと思っている。

昨年秋、Noble Audio Kaiser 10 universal(K10U)のサウンドに感銘を受け、2014年10月18日、高テンションのままレビュー記事を執筆したが、その時に「K10UをカスタムIEM化してほしい」といったマヌケな一言で文を締めてしまっていた…のだけれど、なんとまー、その思いがこのSavantでバッチリ叶ってしまったという、私にとっては夢の様な絵に描いたようなハッピーエンドとなった。幸せすぎて昇天しそうなのを必死にこらえている躁状態なのである。

text by BARKS編集長 烏丸哲也


●Noble Audio Savant
希望小売価格:235,000円(税込)~277,000円(Prestige素材によって変動)

◆Noble Audioプレステージ
◆Noble Audioオフィシャルサイト(国内wagnus.)
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー

■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他
◆Westone ES30(2015-05-10)
◆JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)(2015-04-24)
◇SONY NW-ZX2(2015-04-17)

◆カナルワークスCW-L15(2015-04-11)
◆Heir Audio 10.A(2015-03-15)
●v-moda Crossfade M-100(2015-03-01)
◆FitEar Aya~彩(2015-02-23)
◇UE MEGABOOM(2015-02-8)

◇COWON PLENUE 1(2015-01-25)
■Unique Melody Maverick(2015-01-12)
◆rhines stage 5(2015-01-03)
◇Calyx M(2015-01-01)
■LIVEZONE R4 LZ 4ユニバーサル(2014-12-15)

■ROCK JAW KOMMAND(2014-12-14)
■Donguri-楽 濃茶&鐘(2014-12-08)
■DUNU ALPHA 1(2014-11-30)
■Fidue A71(2014-11-23)
◆AAW M20(2014-11-16)

◆Ultimate Ears UE 7 Pro(2014-11-3)
■絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品(2014-10-21)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
■OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)