【BARKS編集部レビュー】カスタムイヤーチップUM56の底力

ツイート

ここのところ、Westone UM56がちょっとしたマイブームになっている。使い始めた頃とはちょっとずつ印象が変わり、今ではこの健気さが可愛く思え、「お前、いいやつだな。これからも末永くよろしくな!」って感じなのである。

◆Westone UM56画像

UM56というのは、Westoneから発売されているカスタムイヤーチップだ。いわゆるイヤホンの先っぽに付いているイヤーピースのことだが、普通のイヤーピースと根本的に違うのは、自分の耳の穴の形に合わせて作ってもらうオーダーメイドである点だ。そのためにオーダするだけで23000円ほどかかり、これ以外に耳型を採取する費用も必要となる。お店に行ってポンと買えるものではなく、いわゆるオーダーをして一ヶ月ほどの製作期間を経て入手するというものだ。



「たかがひとつのイヤーピースのために2~3万円も払えるかよ」という感覚が正常だと思うし、私もそう思ったが、実際使ってみて思い直す点が多々あった。万能とは言わないまでも、手持ちのイヤホンのいろんなモデルで使えるのである。そして実際のところイヤーチップとしてはこれがベストに近いこともわかってきた。これひとつあれば、いろんなイヤホンでベストサウンドを楽しめる事に気付いちゃったのである。

UM56の購入だが、そもそもは「使うイヤホンは何ですか?」からオーダーは始まる。イヤホンによってイヤーチップを付けるステムの太さが違うからだ。イヤホンに装着するために開けられるUM56の穴のサイズは指定のイヤホンに合わせられる。

私の場合、当初はNoble Audio K10U(カイザー10ユニバーサルモデル)にUM56を付けたいと思い、オーダーすることとなった…のだけど、代理店経由でWestone本社とのやりとりを経て、最終的に「制作NG」というショッキングな返事が戻ってきた。Westone側の主張を意訳すれば、「もちろん無理矢理作れなくはないけど、耳からハウジングが飛び出してメリットよりもデメリットが大きくなってしまう可能性があるよ。せっかくのイヤーピースなのにフィット感が悪くなるかも…なんて、そんなのヤじゃん?」という感じだ。ごもっともなので、K10Uでの使用をあきらめ、私はUltimate EarsのTriple.fi 10 PRO…いわゆる10プロを指定して制作を依頼することにした。既に市販されていない今となっては古きよきモデルだけれど、私はリモールドによるカスタムIEM化した10プロを持っているので、ノーマルモデルと聞き比べれば、UM56がどれだけカスタムIEMの使用感に肉薄するかが分かるのではないかとも思った。


▲左から10プロ、10プロにUM56を付けた状態、そして右は10プロをカスタムIEM化させたRooth製リモールド

…とかいいながら、実は「10プロのステムの太さに合わせて作られたUM56であれば、ひょっとして昨今の太めのステムを持った様々なイヤホンでも使いまわせるのではないか?」という、淡い期待を寄せてのオーダーだったりもした。

そして結論。その思惑は的中で、10プロ用として制作したUM56は、私の所有イヤホンの実に多くのモデルでばっちり使いまわせることが分かった。UM56はシリコン製のためなにしろ柔軟性が非常に高い。多少太めのステムでもぐいと突っ込めばヌルリと入れることができるので、想像以上に融通がきくのである。そう、何を隠そう、K10Uにもズボッとはまり、バッチリ決まってしまうという嬉しすぎるサプライズ。「おー、な~んに問題ないじゃないか。日頃の心がけがいいからだよね?神様ありがとう!」てなもんだ。そしてそれをそのまま長時間使い続けていても、ゴムやナイロンのように伸び切ってしまうこともない。水洗いも可能なので衛生的にも問題なく、油分でチップが抜けやすくなったら石鹸で洗いよく水気を切ってはめ直せばOKだ。ぷにぷにと柔らかいが安定感は抜群で、劣化や消耗は考えにくい品質の高さも伝わってくる。こいつはこれからの長きイヤホンライフに欠かせない良き相棒になるだろう。


▲私のUM56が問題なく使えるモデルは数多く、これらもほんの一部。左から10プロ、K10U、DITA ANSWER、Final HEAVEN VI、スーパーダーツ、音茶楽 flat4、DUNU DN2000J、下段左よりRHA MA750、ATH-CKR10、Fidue A73、BlueGear CS-2

通常のチップと違ってシリコンの塊なので、UM56を使うとイヤホンと耳孔の間がきっちりと埋め尽くされ、一切の遊びが生じない。そこから生まれる装着感の良さと遮音性の高さは、まさしくカスタムIEMに肉薄するものだ。隙間がないので素直に低域の量感が増え、高域の伸びも良くなる。つまりは、本来のイヤホンからの出力をそのままスポイルすることなく鼓膜まで届けてくれる感覚だ。

通常のイヤーピースはモノによってサウンドが大きく変化してしまうが、その特性を積極的に利用して、イヤーピースによる音作りや使い勝手をコントロールできるのも、イヤピ使いこなし術の醍醐味でもある。もちろんそこは否定しないものの、では本来はどんなサウンドなのかと問われれば、UM56には、最も素直にそれを引き出しているのではないかと思わせる圧倒的な音のクリアさがある。イヤホンが持っている最大のキャパシティを引き出した状態は、やはりUM56装着時であると気付いちゃったのだ。


▲Noble Audio K10U+UM56


▲Final HEAVEN VI +UM56


▲アトミックフロイド・スーパーダーツ+UM56


▲音茶楽 Flat4-緋楓弐型


▲DITA Answer Truth


▲オーディオテクニカATH-CKR10

「ユニバーサルモデルをカスタムIEMのような使用感にする」という触れ込みはある意味正しいけれど、「本来のイヤホンの潜在能力を最大限に引き出せる必殺アイテム」というのが、私のUM56に対する率直な評価だ。ユニバーサルモデルでも理想的な装着状態を簡単に生み出せる魔法のワイルドカードなので、「イヤホンマニアであればこそ絶対持っておくべきマストアイテム」だと思うんですが、どうでしょうか。

最大の障害は高額であること。ウイークポイントはそこにつきる。ひとつの耳型を送れば、大中小の穴を持った3ペア…せめて小さめ/大きめの穴を持った2ペアを一度に作ってくれたりしないかなぁ。そういうオプションを低価格で用意してくれれば、いつかは誰もが手に入れるべきイヤーピースのファイナルアンサーになる。それってもう、世の中のイヤーピースを一網打尽にするエポックな出来事になるんじゃないかと思うんだけどな。

text by BARKS編集長 烏丸哲也


●Westone UM56 カスタムイヤーチップ(シリコン素材)
WST-UM56-SILICONE
価格:オープンプライス(市場価格23000円程度)
※制作には耳型(インプレッション)採取が必要

◆UM56オフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー

■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他
◇Astell&Kern AK380(2015-08-10)

◆カナルワークスCW-L33BB(2015-08-07)
■Fidue A65(2015-07-29)
■DITA ANSWER(2015-07-18)
◆LEAR LCM-BD4.2(2015-06-21)
■DUNU DN-2000J(2015-06-14)

■2015年上半期 お薦めイヤホン(2015-06-06)
◆Noble Audio Savant(2015-05-28)
◆Westone ES30(2015-05-10)
◆JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)(2015-04-24)
◇SONY NW-ZX2(2015-04-17)

◆カナルワークスCW-L15(2015-04-11)
◆Heir Audio 10.A(2015-03-15)
●v-moda Crossfade M-100(2015-03-01)
◆FitEar Aya~彩(2015-02-23)
◇UE MEGABOOM(2015-02-8)

◇COWON PLENUE 1(2015-01-25)
■Unique Melody Maverick(2015-01-12)
◆rhines stage 5(2015-01-03)
◇Calyx M(2015-01-01)
■LIVEZONE R4 LZ 4ユニバーサル(2014-12-15)

■ROCK JAW KOMMAND(2014-12-14)
■Donguri-楽 濃茶&鐘(2014-12-08)
■DUNU ALPHA 1(2014-11-30)
■Fidue A71(2014-11-23)
◆AAW M20(2014-11-16)

◆Ultimate Ears UE 7 Pro(2014-11-3)
■絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品(2014-10-21)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
■OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス