【BARKS編集部レビュー】スイスが生んだ、カスタムIEM界の新旗手ハーシュ・アコースティック

twitterツイート

今回はスイスのカスタムIEMブランドharsch acousticを紹介したい。私がオーダーしたのはSH-3という3ドライバーモデルだ。

◆ハーシュ・アコースティックSH-3画像

ハーシュ・アコースティックはサミュエル・ハーシュによって2015年4月に立ち上がったばかりのカスタムIEMブランドだ。小学生の頃から様々なスピーカーを設計/製作していたという彼は、そのまま音への情熱を絶やすことなくカスタム・ハイファイスピーカーを開発、スイスの補聴器ブランド・フォナックの音響エンジニアとして経験を積み、インイヤーイヤホンAudeo PFEシリーズでは、多くの成果とともに特許申請に至る実績を重ねてきた人物でもある。

2014年、聴覚保護にまつわる豊富な経験とエンジニアとしての実績をもって、個人プロジェクトで2ドライバーのカスタムIEM「SH-2」を開発した彼は、2015年にラボを設立、SH-3とともに、48種類ものサウンドチューニングが可能なSH-3 U-Tuneを発表、現在も革新的な製品を開発している。

最高の音質はドライバ数に依存するものではなく、最適化された音響設計のもとでできるだけ少ないドライバーで実現するべきというのがサミュエル・ハーシュの考えだ。ドライバー間の干渉を抑え、各素子をふくめた共振を最小化させ、位相のズレを最小にすることが重要であるという。自己の経験を礎とした堅実な哲学に基づいて開発されているのが、ハーシュ・アコースティックのカスタムIEMということだ。


インプレッションを送付後、3週間という短期間で完成したSH-3は、実直な社風がそのままサウンドに現れているかの、几帳面なトーンをもったカスタムIEMだった。清く正しいサウンドで、作為的なキャッチーさや一聴して飛びついてしまうような飛び道具的な演出も一切ないので、ともすると楽しさに欠ける朴訥としたニュアンスになる。が、使い込んでいくに連れ、それら一連の思いは霧が晴れるように消え去っていくから面白い。基本的なトーンの傾向としてはクリスタルのようなクリアさには乏しいが、反面骨太で重心の低い落ち着いたサウンドで、音楽のダイナミクスを丁寧に描写するような几帳面さが心地よい。





所有しているカスタムIEMの中で3ドライバーモデルから10機種をピックアップし、SH-3との単純音質比較を行ってみた。対象モデルはカナルワークスCW-L15、Clear Tune Monitors WLS-3、CT-300Pro、lime ears LE3、Westone ES30、Ultimate Ears UE 7 Pro、UERM、ONKYO E-C3、HEIR AUDIO 3.A、そしてharsch acoustic SH-3である。

この中で最もトーンバランスが似ているのは、HEIR AUDIO 3.Aだ。3.Aのサウンドに関してはその詳細を過去レビューで記しているのでそちらを参照いただくとして、他と比べれば、UE 7 Proとも似ていると言えそうだ。7 Proの方がタイトでソリッドな分、若々しくシャープなイメージが前面に出ているけれど。そもそも7 Proは、押しの強いローとハイとのバランスが「上品なドンシャリ風味」を感じさせてくれるもの。これをドンシャリと表現してしまうことには抵抗を覚えるけれど、3ドライバー群の中で比較するとUE 5のような2ドライバー的タイトさを兼ね備えていると捉えてもらえれば、そのニュアンスが伝わるだろうか。

なお、これら10機種の中で広帯域を誇りしっかりとしたバランスで高品質な音場を作ってくれるのはONKYO E-C3、カナルワークスCW-L15、Clear Tune Monitors WLS-3、CT-300Proあたりだろうか。誰からも好評価を得るであろう鉄板モデルと言えそうなモデル群だ。それと同等かちょっと帯域を狭めダイナミックドライバーのような芳醇さを持たせればLime ears LE3になるイメージだ。

なお、Westone ES30は中域の押し出しと滑らかさが別格で、ボーカル域を中心とした音楽のメインディッシュをしっかりと堪能するには、他を寄せ付けない完成度と個性を持っている。キャラかぶりは全く皆無なので、競合対象として検討するべきモデルではないだろう。同じく個性が突出しており、どのモデルとも似ていないのがUltimate Ears UERMだ。高帯域がしっかりと表現され、シャッキリとクリアに音像が作られるので、あっさりシャープ系の代名詞的カスタムIEMでもある。


▲全て3ドライバーのモデル。上段左からHEIR AUDIO 3.A、カナルワークスCW-L15、Clear Tune Monitors WLS-3、CT-300Pro、ONKYO E-C3、下段左からlime ears LE3、Ultimate Ears UE 7 Pro、Westone ES30、UERM、そしてharsch acoustic SH-3。

中庸なサウンドなのでSH-3の特徴を音色から練り出すのは簡単ではないが、実はどのモデルよりもどのブランドよりも極めて優れている明確なポイントがある。造形の正確さである。フィット感が完璧なのだ。ミチっと耳にはまってくれるが、絶妙な造形で何時間連続使用しようとも痛みも不快さも全く発生しない。それでいて遮音は完璧で、口を開けようと眉を上げようと遮音性は全く落ちない。見た目では何がどうすごいのか全くわからないのだけれど、このフィット感はこれまで手にしてきた中で間違いなくNo.1だ。さすが補聴器ブランドのエンジニア出身というべきところだろうか。

フェイスプレートも特に指定せずオールクリアで製作したのでご覧のとおり洒落っ気は全く無いけれど、まるでフルシリコン製のように完全充填のシェルは、アクリルの塊となって質実剛健さを強くアピールするものとなっている。それなりの気泡も入っているけれど、昨今のブランドのように透き通るような輝きを持っていないのは、表面が耳型そのままの造形が活かされており、生々しい形状をとどめているからだ。カナル底面部で遮音を確保し、他シェル部分は綺麗に磨き上げ美しい仕上がりとするブランドが多い中で、harsch acousticの造形に向かう姿勢はむしろ清々しく映る。もちろんこの完璧なる装着感が、無駄な磨きで着飾ることを善しとしないポリシーから生まれているのは、疑う余地もない。

現時点では、2ドライバーのSH-2と3ドライバーのSH-3しかラインナップが用意されていないが、今後彼らがどのようなモデルを発表するのか、アンテナを張っておきたいブランドがまたひとつ増えたことになる。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

●harsch acoustic SH-3


▲キャリングケース、クリーニングツール。

690 CHF(スイスフラン)≒85000円(2015年11月現在)
ドライバー:高域×1、中低域×2のトリプルドライバー
周波数特性:10Hz~18kHz
出力音圧レベル:116dB/mW@1kHz
インピーダンス:25オーム

◆harsch acousticオフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー

■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他
●オーディオテクニカATH-WS1100(2015-10-31)

◆FitEar Air(2015-10-25)
■ROCK JAW ALFA GENUS V2(2015-10-18)
◆HiFiMAN RE1000(2015-10-11)
◆Unique Melody MAVERICKカスタム(2015-09-26)
◇Astell&Kern AK380 アンプ(2015-09-19)

◆ONKYO IE-C3(2015-09-13)
◇AK Jr+Fidue A73+Westone UM56(2015-09-06)
■RHA T20(2015-08-24)
◇Westone UM56(2015-08-15)
◇Astell&Kern AK380(2015-08-10)

◆カナルワークスCW-L33BB(2015-08-07)
■Fidue A65(2015-07-29)
■DITA ANSWER(2015-07-18)
◆LEAR LCM-BD4.2(2015-06-21)
■DUNU DN-2000J(2015-06-14)

■2015年上半期 お薦めイヤホン(2015-06-06)
◆Noble Audio Savant(2015-05-28)
◆Westone ES30(2015-05-10)
◆JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)(2015-04-24)
◇SONY NW-ZX2(2015-04-17)

◆カナルワークスCW-L15(2015-04-11)
◆Heir Audio 10.A(2015-03-15)
●v-moda Crossfade M-100(2015-03-01)
◆FitEar Aya~彩(2015-02-23)
◇UE MEGABOOM(2015-02-8)

◇COWON PLENUE 1(2015-01-25)
■Unique Melody Maverick(2015-01-12)
◆rhines stage 5(2015-01-03)
◇Calyx M(2015-01-01)
■LIVEZONE R4 LZ 4ユニバーサル(2014-12-15)

■ROCK JAW KOMMAND(2014-12-14)
■Donguri-楽 濃茶&鐘(2014-12-08)
■DUNU ALPHA 1(2014-11-30)
■Fidue A71(2014-11-23)
◆AAW M20(2014-11-16)

◆Ultimate Ears UE 7 Pro(2014-11-3)
■絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品(2014-10-21)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
■OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)







twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス