【BARKS編集部レビュー】JH Audio Layla(レイラ)とRoxanne(ロクサーヌ)、どっちがいい?

ツイート

「ロクサーヌ・カスタムを持っているが、レイラが気になって寝られない」
「カスタムIEMを作りたいがロクサーヌとレイラ、どっちがいいだろうか」
「アンジーとレイラで迷っている」

◆JH Audio Layla(レイラ)画像

そんなメールが編集部によく届く。カスタムIEMの沼に足を取られもがきつつも楽しんでいる殿方は意外と多いようだけど、悩みも極端な深みに陥るとネットと言えども快答が途端に少なくなる。私が応えられることであれば…ということで、今回はJH Audio Layla(レイラ)カスタムのご紹介だ。


まず最初に言っておいたほうがいいと思われるのは、誤解を恐れずに言えばレイラとロクサーヌの音は非常に似ているという事実である。最大の特徴であり多くのユーザーの充足感を刺激するであろう「スピーディーでありながら非常に濃密で厚みのあるサウンド」である点と、「注意を向けるとどんな音でも聞こえてくる高い再現性(解像度)」という飛び抜けた特性は、両者に等しく共通する最大の魅力ポイントとなる。カスタムIEMに求めるものがそれなのであれば、ロクサーヌかレイラかを迷う必要はない。どちらでも高い満足が得られるので「お好きな方をどうぞ」ということになる。価格を考えればロクサーヌのほうが圧倒的にお買い得だろう。

もちろん両者を使い分けていると、それぞれに特性と癖があることも分かる。性格で言えば、ロクサーヌは何でもガンガン聴かせますよ、という豪快なキャパシティがあり、レイラのほうがよく言えば極めて丁寧、悪く言えば神経質なところがある。これがどういうところに影響するのかというと、レイラの場合、音の良くない音源だと分離が悪くぐちゃっとまとまってしまう傾向がある。むしろ迫力のある鳴り方をすると言えるかも知れないけれど、やはり最大の強みは、丁寧に作られた良き音源であればあるほど、構成音の高さと大きさ/定位がピシっと決まり、とても理知的に音楽を楽しむことができる点だ。おそらく設計者のジェリー・ハーヴィーがスタジオ・リファレンスを目的として設計したという意味もそこにあるのだろう。各帯域のバランスの自然さも当然ながら、着目すべきポイントは、無駄に広がりすぎずごちゃっとくっつきもしない、そのフォーカスの巧みさだ。

またレイラの持つ特性を(ロクサーヌと比較して)デフォルメして言えば、プレイヤーの実力をそのまま明け透けに暴きだす傾向にある。つまりは、優れたプレイヤーを使うと最高の音質を楽しませてくれるし、ぼちぼちなプレイヤーだとぼちぼちな音像をそのままあからさまに再現する。入ってくる信号を全力でハイクオリティ再生するという几帳面な性格なので、いわゆる上流の特性が如実に描かれることにつながっていく。高品質なプレイヤーを持っていればこそ、それに準じて所有満足度もぐんと高まることだろう。



濃密で押し出しの強いサウンドであるという強い個性は持っているのだけれど、出力機としてのアクや個性は影を潜め、最終的にはプレイヤーから放たれる曲の質感をしっかりと正確に描くことに徹底するカスタムIEMであるという印象が残る。それこそが、スタジオでのミキシングに使えるよう設計した真意なのだろう。ロクサーヌとは血を分けた姉妹として似ている音色だけれど、その性格は全く違うという印象だ。似たもの姉妹だと思うと大やけどする。

トーンの違いはどうだろうか。直接聴き比べると分かる程度の違いだが、ロクサーヌの方がハイの抜けがはっちゃけた刺激的な特性を持っている。この感じはステージモニターとして使用する時にハットやライドのアタックのピークが取りやすいのではないだろうか。その点レイラのほうが高域もなめらかでクセのない伸びやかな印象を受ける。なお、ロクサーヌのほうがレイラよりも音量が取りやすい。


▲音導管にステンレスのパイプを使用しているのは、レイラとアンジーの特徴。


▲左がレイラ、右がロクサーヌ。どちらもクリアで制作したため見た目はそっくり、大きさにも違いはない。

さて、結局は「レイラとロクサーヌ…どちらがいいのか?」という問いに関しては「人による」というしかないが、音の性格の違いこそあれど品質には全く格差はないので、コストパフォーマンスという点では、ロクサーヌに軍配が上がる。ちなみにロクサーヌは低域をMAXにしてこそロクサーヌの特性が最大化される傾向にあるので、できるだけVariable bass outputのツマミは上げる方向で使うことを薦めたいのだけれど、レイラの場合はツマミを上げる気に全くならない。個人的には低域大好き人間なのだけれど、やんちゃキャラが欲しいのならばロクサーヌを使えばいいという気持ちになり、結果レイラの低域は最低レベルで安定運用となっている。低域の跳ねるような心地よさはレイラのほうが上、ドガンと腹からアッパーを食らうようなローだったらロクサーヌの勝ちだろうか。

ボーカル帯域となる重要な中帯域を最大限キープしておいて、支えるに必要なだけのボトムと、きらびやかさを演出する最小限の高域で丁寧にバランスを取った濃密モニター、それがレイラなのだと思っている。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

●THE SIRENS SERIES - Layla


・ドライバー:独自開発のバランスド・アーマチュア型(BA型)
・ドライバー構成:12ドライバー Low×4、Mid×4、High×4
・クロスオーバー:3ウェイ・クロスオーバー
・採用独自技術:soundrIVe Technology FreqPhase
・周波数特性:10Hz - 23kHz
・入力感度:117dB@1mW
・インピーダンス:20Ω
・遮音性:-26dB
・入力端子:3.5mm ミニ端子
・付属品:IEM Cable (Variable Bass output)、Carbon fibor Aluminium Carrying Case、ドライバー(低域調整時使用)、保証書(1年間)

◆参考:【BARKS編集部レビュー】無敵のカスタムIEM、JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)
◆JH Audioオフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー

■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他
■新世代旗手イヤホン人気高級5機種(2015-12-12)

◆Just ear MH1(2015-12-06)
■Astell&Kern AK T8iE(2015-11-22)
◆VISION EARS VE5(2015-11-14)
◆harsch acoustic SH-3(2015-11-07)
●オーディオテクニカATH-WS1100(2015-10-31)

◆FitEar Air(2015-10-25)
■ROCK JAW ALFA GENUS V2(2015-10-18)
◆HiFiMAN RE1000(2015-10-11)
◆Unique Melody MAVERICKカスタム(2015-09-26)
◇Astell&Kern AK380 アンプ(2015-09-19)

◆ONKYO IE-C3(2015-09-13)
◇AK Jr+Fidue A73+Westone UM56(2015-09-06)
■RHA T20(2015-08-24)
◇Westone UM56(2015-08-15)
◇Astell&Kern AK380(2015-08-10)

◆カナルワークスCW-L33BB(2015-08-07)
■Fidue A65(2015-07-29)
■DITA ANSWER(2015-07-18)
◆LEAR LCM-BD4.2(2015-06-21)
■DUNU DN-2000J(2015-06-14)

■2015年上半期 お薦めイヤホン(2015-06-06)
◆Noble Audio Savant(2015-05-28)
◆Westone ES30(2015-05-10)
◆JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)(2015-04-24)
◇SONY NW-ZX2(2015-04-17)

◆カナルワークスCW-L15(2015-04-11)
◆Heir Audio 10.A(2015-03-15)
●v-moda Crossfade M-100(2015-03-01)
◆FitEar Aya~彩(2015-02-23)
◇UE MEGABOOM(2015-02-8)

◇COWON PLENUE 1(2015-01-25)
■Unique Melody Maverick(2015-01-12)
◆rhines stage 5(2015-01-03)
◇Calyx M(2015-01-01)
■LIVEZONE R4 LZ 4ユニバーサル(2014-12-15)

■ROCK JAW KOMMAND(2014-12-14)
■Donguri-楽 濃茶&鐘(2014-12-08)
■DUNU ALPHA 1(2014-11-30)
■Fidue A71(2014-11-23)
◆AAW M20(2014-11-16)

◆Ultimate Ears UE 7 Pro(2014-11-3)
■絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品(2014-10-21)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
■OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス