【BARKS編集部レビュー】ハイレゾプレーヤーPLENUE D、その驚きの名機っぷり

ツイート

またひとつ、傑作名機の誕生だ。COWON(コウォン)のハイレゾプレーヤーPLENUE Dが実に素晴らしい。この価格でこのコンパクトさとこのサウンド、そしてこの操作性…無駄なく痒いところに手が届く設計の妙、いやいやナイスすぎるでしょう。そもそもPLENUE Dに興味があったとしたならば、一刻もはやく買ったほうがいい。なぜなら今の価格でも絶対後悔しないから。

◆PLENUE D画像

PLENUE Dは、2015年12月19日に発売となったばかりの、コウォンから発売されたPLENUEシリーズの最新機種となるハイレゾ対応デジタルオーディオプレイヤーだ。世の中にはAK380という定価50万円もする弩級のハイエンドプレイヤーも存在するが、AK380を発売しているAstell&Kern(アステルアンドケルン)の場合は、エントリーモデルのAK Jrでさえ直販価格で7万円近くしてしまう。どうしても音の良さを求めると価格もぐんぐんと上昇し、指をくわえて眺めるしかなくなってしまうのだ。「マニアが垂涎となるようなハイエンドサウンドじゃなくてもいいから、それなりにいい音が出て使いやすく、所有感を満足させてくれるハイレゾプレイヤーが欲しい。しかもできるだけ安価で」という思いは、ワガママに見えつつも漫然と多くの人の本音だったりする。

現状、最高品質を謳うハイエンドプレイヤーが国内外各社から続々と登場してきている状況だが、価格帯はだいたい6万円あたりと10万円を超える近辺に大きな2つのボリュームゾーンがあるように見える。意を決して手にすれば最高の音楽ライフが確実に手に入るのだろうけれども、マニアじゃあるまいしとても手の届く価格じゃない…というのがごくごく普通の音楽ファンのリアルだ。

そんな中で3万円を切る価格で登場してきたPLENUE Dは、もやもやする気持ちにズバッと応えてくれるハイレゾプレイヤー決定版に見えてくる。そして実際のところ、素晴らしい使い心地なのだ。


COWONのプレイヤーといえば、高品質でバリエーション豊かなサウンドエフェクト&EQのJetEffectが持ち味であり、このサウンド設定の使いこなし如何で満足度が大きく変わるものだけど、PLENUE Dの場合はJetEffect未使用の「Normal」でも必要にして充分なトーンを持っている。むしろ派手な設定で長時間聞いていると聴き疲れしてしまうので、私の場合はノンエフェクト状態にパラッと塩コショウがかかったくらいの音になる「BBE MP」を選んでの定常運用となっている。ま、時に「Rock」「Pop」「Maestro」あたりにセットしてアドレナリンぶしゃーってなりますが。

そして何より軽さと小ささがいい。ポケットにぽんと入れてさっと高品質な音が出る。その使い勝手の心地よさの裏には「バッテリーの持ちの良さ」が確実に効いている。このロングライフの使いやすさはSONY ZX2でも感じたところだけど、使い終わったら止めてそのまま放置し、使いたい時にぱっと使う…そんな当たり前のことを許してくれるのだ。“常にバッテリーに気を回さないといけない”ことのストレスは、思いの外大きい。PLENUE Dの場合は、適当に使い倒した後にそろそろ充電しておくか…と、思い立った時にUSBを挿せばいい。

放置するとデフォルト設定ですぐに電源が落ちるけど、そもそも起動が早いのでスリープさせる必要もない。この辺りのレスポンスのキビキビさは現フラッグシップPluenue 1と同等のレスポンスで、使用上のストレスは皆無だ。画面のスクロールなどでは若干のもたつきやレスポンスの重さを感じるシーンもあるけれど、概ね使用感も良好だ。



▲デジタルオーディオプレーヤーのサイズ比較。左からAstell&Kern AK Jr、Sony Walkman NW-A20、Xduoo X3、そしてCOWON PLENUE D。

購入時の検討事項として「バランスアウトがあればいいのに」「Bluetoothはどうした」「ラインアウト端子をつけろ」といった声も耳にするけれど、そういったマニア目線の要望を組み入れて全部盛りにすれば、自ずと価格が上がり、バッテリー持ちが下がり、図体がでかくなり、もはやPLENUE Dではなくなっていくことになるだろう。必要最小限の質感をキープさせたコンパクトな筐体に、妥協しないサウンドを搭載、バッテリー持ちを最大化させるロングライフ設計…要素の取捨選択の巧みこそがPLENUE D自体の魅力を最大化させているのは、火を見るよりも明らかだ。思い切りとそれを実現させる技術力がお見事なのであって、そもそもスペックに不満があるのであれば、PLENUE 1という上位機種を手にすれば良い。

ちなみに、お気に入りのTrueTypeフォントをuser.ttfの名前で「System」フォルダ直下に入れると、ユーザーフォントとして認識してくれる。フォントが変わるだけでインターフェイスの印象も大きく変わるので、使いやすさが変わるのみならず愛着も俄然増してくる。ちなみに私は、かつてのMacを髣髴とさせるChicago風の2バイトフォントを使用、なんだかカラクラを思い起こすキュートさを漂わせてくれている。

なお、128MBのマイクロSDカードもばっちり認識、問題なく稼働しており、内蔵32GBとあわせて160GB運用できている。2015年のトピックスでまとめるならば、ヘッドホン派はPLENUE D+オーディオテクニカATH-WS1100、イヤホン派はPLENUE D+Westone S10あたりが、極上サウンドを最小コストで実現させる超絶コスパセットだろうか。


▲PLENUE D+オーディオテクニカATH-WS1100


▲PLENUE D+Westone S10

text by BARKS編集長 烏丸哲也

●COWON PLENUE D


2015年12月19日発売
■高品質24bit/192kHz Stereo DAC搭載
Hi-Fiオーディオシステムの高品質24bit/192kHz Stereo DACを搭載してSNR 123dB、THD+N 0.004%、Stereo Crosstalk -105dBなど優れた音響性能を発揮。
■無損失・無圧縮高解像度音源支援
24bit / 192kHzの無損失・無圧縮音源であるFLAC、AIFF、ALACはもちろんAPE、WAV、MP3などの多様なフォーマットを完璧に再生して多様な音楽ジャンルを最高の音質で鑑賞することが可能。
■強力で持続的なパフォーマンス100時間/ 32GB+Micro SD
MP3音源最大100時間、ハイレゾ音源最大51時間を連続再生できる節電回路バッテリーを搭載し、32GB内蔵メモリに加えてMicro SDカードによる追加メモリを確保してあらゆる音源ファイルも余裕を持って保管することが可能。
・製品容量:内蔵メモリー:32GB* / 外付けメモリー:microSD Card
・ディスプレイ:2.8インチ Wide Angle Touch LCD(240x320)
・大きさおよび重さ:53.1mm(W)x 77.2mm(H)x 14.9mm(D)/ 94g
・ボタン:POWER、PLAY/PAUSE、VOL+、VOL-、FF、REW
・ファイルフォーマット:FLAC / WAV /AIFF/ ALAC / APE / MP3 / WMA / OGG
・SNR:123dB
・THD+N:0.004%(24bit、 48kHz)
・Stereo Crosstalk:-105dB
・出力:1Vrms
・出力インピーダンス:0.5Ω
・ボリューム:100段階
・バッテリー:バッテリー内蔵リチウムポリマー充電池
・再生時間:約100時間(mp3)/ 51時間(24bit、96kHz、FLAC)
・充電時間:約3.5時間(入力Micro USB DCアダプタが5V/1A以上の条件で)
・出力端子:イヤホン端子(3.5mm)
・対応OS:Windows 8 / 7 / Vista / XP / 2000 / ME:全機能対応、MAC OS 10.x / Linux v2.4 以上:ファイル転送対応

◆COWON PLENUE Dオフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー

■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他
◆FitEar Monet 17(2015-12-26)
◆JH Audio Layla(2015-12-17)
■新世代旗手イヤホン人気高級5機種(2015-12-12)

◆Just ear MH1(2015-12-06)
■Astell&Kern AK T8iE(2015-11-22)
◆VISION EARS VE5(2015-11-14)
◆harsch acoustic SH-3(2015-11-07)
●オーディオテクニカATH-WS1100(2015-10-31)

◆FitEar Air(2015-10-25)
■ROCK JAW ALFA GENUS V2(2015-10-18)
◆HiFiMAN RE1000(2015-10-11)
◆Unique Melody MAVERICKカスタム(2015-09-26)
◇Astell&Kern AK380 アンプ(2015-09-19)

◆ONKYO IE-C3(2015-09-13)
◇AK Jr+Fidue A73+Westone UM56(2015-09-06)
■RHA T20(2015-08-24)
◇Westone UM56(2015-08-15)
◇Astell&Kern AK380(2015-08-10)

◆カナルワークスCW-L33BB(2015-08-07)
■Fidue A65(2015-07-29)
■DITA ANSWER(2015-07-18)
◆LEAR LCM-BD4.2(2015-06-21)
■DUNU DN-2000J(2015-06-14)

■2015年上半期 お薦めイヤホン(2015-06-06)
◆Noble Audio Savant(2015-05-28)
◆Westone ES30(2015-05-10)
◆JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)(2015-04-24)
◇SONY NW-ZX2(2015-04-17)

◆カナルワークスCW-L15(2015-04-11)
◆Heir Audio 10.A(2015-03-15)
●v-moda Crossfade M-100(2015-03-01)
◆FitEar Aya~彩(2015-02-23)
◇UE MEGABOOM(2015-02-8)

◇COWON PLENUE 1(2015-01-25)
■Unique Melody Maverick(2015-01-12)
◆rhines stage 5(2015-01-03)
◇Calyx M(2015-01-01)
■LIVEZONE R4 LZ 4ユニバーサル(2014-12-15)

■ROCK JAW KOMMAND(2014-12-14)
■Donguri-楽 濃茶&鐘(2014-12-08)
■DUNU ALPHA 1(2014-11-30)
■Fidue A71(2014-11-23)
◆AAW M20(2014-11-16)

◆Ultimate Ears UE 7 Pro(2014-11-3)
■絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品(2014-10-21)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
■OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz(2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
この記事をツイート

この記事の関連情報