【BARKS編集部レビュー】目の覚めるようなサウンド、LEARのフラッグシップLHF-AE1d Be

twitterツイート

香港が誇るイヤホン/カスタムIEMブランドのLEARをご存知だろうか。私が初めてLEARのカスタムIEMをオーダーしたのはもう6年も前のことだけれど、当時どのブランドよりもバリエーション豊かなラインアップを驚くような低価格で発表し、老舗ブランドを翻弄させたカスタムIEMメーカーとして大きな注目を集めた新進気鋭メーカーだ。

◆LHF-AE1d Be画像

その後も個性的なモデルを開発/発表を続けてきているが、最も野心的な取り組みのひとつは、2015年に発表されたNSS(Natural Stereo Sound)というテクノロジーだ。左右の音を適切に混在させることで、イヤホンの不自然な音場/定位を大幅に改善しエアーで聴いているようなステレオ空間を創出するもので、クラウドファンディングで目標を大幅に上回るサポートを獲得し、その翌年にNSS搭載のイヤホンNS-U1を市場に投入した。イヤホンならではの分離の良さは影を潜めたが、人肌の温かさを感じさせるようなオーガニックな三次元サウンドは、イヤホンの可能性を一歩前進させるものとして高く評価されるものとなった。その後も270度チューニングダイヤルで低域の調節を可能にしたユニバーサルイヤホンLHF-AE1dが発表されたものの、相変わらず日本代理店不在のため国内流通されることなく、知る人ぞ知るイヤホンとしてひっそりと話題になるにとどまっていた。

しかしながら2017年4月、ついにLEAR製ユニバーサルイヤホンを扱う日本代理店が誕生し、新たなユニバーサルイヤホン3モデルが正式に日本初上陸を果たすこととなった。今回紹介するのは、その中でも最も優れたサウンドを持つLHF-AE1d Beである。


今回発表された3モデルは、日本流通されなかったLHF-AE1dに続く新モデルで、それぞれLHF-AE1d MKII/LHF-AE1d Ti/LHF-AE1d Beという名前がつけられている。MKIIはその名前の通り前作の改良版で、NSSテクノロジーを搭載したNS-U1以来、一貫して感じさせてくれるLEARのベーシック・トーンをもったイヤホンだ。派手さはないが適度なウォーム感があり、いくら聴いていても全く疲れを感じない柔らかいトーンは、まるでダイナミックドライバーの良心をそのまま形にしたようなサウンドとなっている。

一方LHF-AE1d Tiとなると、トーンは一変し超高域の再生能力がぐんと上がり、その分中低域の量感が下がってくる。一聴して現代的なHi-Fiさを感じさせるサウンドで、あまり録音状態の良くない1960~1970年代の洋楽を聴くと、もっさりした不透明感が払拭され一気に開放感がやってくる。耳に触るような刺激さが出てくるちょい手前の絶妙チューニングが、センスの良さを感じさせるところだ。

そして今回紹介するLHF-AE1d Beは3機種の中で最上位となるモデルで、市場価格も55,000円近くする高価なイヤホンとなるが、Tiで体験できるHi-Fiワールドがさらに拡大し、目の覚めるようなクリアネスが上下左右にどーんと広がる。低域から高域まで周波数特性が格段に向上し、もうこれ以上はないという高品質なサウンドが存分に堪能できる。特筆すべきは曇りなき高域の伸びで、これぞ「高品質リスニングの心地よさここにあり」である。



LHF-AE1dシリーズには全モデルとも270度チューニングダイヤルが搭載されており、低域の調節が好みに設定できる。デフォルトでは9メモリ中6にセットされ極めて常識的なバランスとなっているが、このダイヤルの可変量が驚くほど大胆で、0にするとスコーンと低域がなくなり、10まで上げると支配的なほどの低域お化けイヤホンとなる。もちろん、どれだけ低域を出そうとも中高域をマスキングすることなく、クリアな世界観はそのままに頭蓋骨を震わせるような強烈な低域を味わえるのがポイントだ。


低域をアホのように出しまくる使い方がLHF-AE1dシリーズのおすすめ使いこなし術ではないだろうけれど、全帯域が熱量溢れる鳴り方をするこの状態は、JH AUDIOロクサーヌもびっくりな特別なもの。100Hz以下がたっぷり入っているEDM系やR&Bを聴くと、もうそこはクラブかライブ会場か…実在感ある音空間に身体が包まれる感覚すら漂ってくる。好きな音楽をがんがん再生すると、一気に快楽指数が上昇して、あっという間に天国っすよ。高品質な再生能力に裏打ちされたこのリアリティこそ、LHF-AE1d Beの実力が実感できる瞬間だとも思う。

text by BARKS編集長 烏丸哲也


LEAR LHF-AE1dシリーズ

●LHF-AE1d MKII
価格:オープン(想定市場価格¥28,000前後)
・ドライバーユニット:ダイナミック型
・ドライバー口径:10mm
・ダイアフラム:5μ マイラー材
・再生周波数帯域:20~20,000Hz
・感度:108dB(低音最大時)
・インピーダンス:33Ω(低音最大時)
・コード長:1.2m
・ケーブルコネクタ:0.78mm 2Pin
・入力プラグ:金メッキ3.5mm ステレオミニ

●LHF-AE1d Ti
価格:オープン(想定市場価格¥37,000前後)
・ドライバーユニット:ダイナミック型
・ドライバー口径:10mm
・ダイアフラム:チタンコーティング
・再生周波数帯域:10~20,000Hz
・感度:112dB(低音最大時)
・インピーダンス:16Ω(低音最大時)
・コード長:1.2m
・ケーブルコネクタ:0.78mm 2Pin
・入力プラグ:金メッキ3.5mm ステレオミニ

●LHF-AE1d Be
価格:オープン(想定市場価格¥55,000前後)
・ドライバーユニット:ダイナミック型
・ドライバー口径:10mm
・ダイアフラム:ベリリウムコーティング
・再生周波数帯域:5~22,000Hz
・感度:112dB(低音最大時)
・インピーダンス:16Ω(低音最大時)
・コード長:1.2m
・ケーブルコネクタ:0.78mm 2Pin
・入力プラグ:金メッキ3.5mm ステレオミニ

◆LEARオフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー

■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他
◆Empire Ears ZEUS(2017-05-17)
■muix IX5000(2017-05-11)
◆Unique Melody MASON II(2017-05-09)

◆カナルワークスCW-L12a(2017-04-24)
◆qdc 8CS(2016-09-19)
■Noble Audio Katana Universal(2016-09-11)
◆カナルワークスCW-L33LV(2016-08-27)
◆qdc(2016-06-26)

◆カナルワークスCW-L52(2016-05-30)
◆UE Pro Reference Remastered(2016-05-16)
◆カナルワークスCW-L05QD2(2016-04-25)
■LEAR NS-U1(2016-04-10)
◆ears4U Live 3.5(2016-04-02)

■音茶楽Flat4-櫻Plus(2016-03-21)
◇「きせかえプレート」きせかえ工房(2016-03-19)
◆JH Audio Angie(2016-03-13)
■Fischer Audio Omega Twin(2016-02-28)
●オーディオテクニカATH-ESW950(2016-02-21)

■Noble Audio KAISER 10 UNIVERSAL Alminium(2016-02-15)
◆カナルワークスCW-L02、オンキヨーIE-C1、Westone S10(2016-02-07)
■茶楽音人Chonmage3号(2016-01-24)
◇xDuoo X3(2016-01-16)
◆Noble Audio 4 SLA(2016-01-10)

◇CHORD Mojo(2015-12-31)
◇COWON PLENUE D(2015-12-30)
◆FitEar Monet 17(2015-12-26)
◆JH Audio Layla(2015-12-17)
■新世代旗手イヤホン人気高級5機種(2015-12-12)

◆Just ear MH1(2015-12-06)
■Astell&Kern AK T8iE(2015-11-22)
◆VISION EARS VE5(2015-11-14)
◆harsch acoustic SH-3(2015-11-07)
●オーディオテクニカATH-WS1100(2015-10-31)

◆FitEar Air(2015-10-25)
■ROCK JAW ALFA GENUS V2(2015-10-18)
◆HiFiMAN RE1000(2015-10-11)
◆Unique Melody MAVERICKカスタム(2015-09-26)
◇Astell&Kern AK380 アンプ(2015-09-19)

◆ONKYO IE-C3(2015-09-13)
◇AK Jr+Fidue A73+Westone UM56(2015-09-06)
■RHA T20(2015-08-24)
◇Westone UM56(2015-08-15)
◇Astell&Kern AK380(2015-08-10)

◆カナルワークスCW-L33BB(2015-08-07)
■Fidue A65(2015-07-29)
■DITA ANSWER(2015-07-18)
◆LEAR LCM-BD4.2(2015-06-21)
■DUNU DN-2000J(2015-06-14)

■2015年上半期 お薦めイヤホン(2015-06-06)
◆Noble Audio Savant(2015-05-28)
◆Westone ES30(2015-05-10)
◆JH AUDIO Roxanne(ロクサーヌ)(2015-04-24)
◇SONY NW-ZX2(2015-04-17)

◆カナルワークスCW-L15(2015-04-11)
◆Heir Audio 10.A(2015-03-15)
●v-moda Crossfade M-100(2015-03-01)
◆FitEar Aya~彩(2015-02-23)
◇UE MEGABOOM(2015-02-8)

◇COWON PLENUE 1(2015-01-25)
■Unique Melody Maverick(2015-01-12)
◆rhines stage 5(2015-01-03)
◇Calyx M(2015-01-01)
■LIVEZONE R4 LZ 4ユニバーサル(2014-12-15)

■ROCK JAW KOMMAND(2014-12-14)
■Donguri-楽 濃茶&鐘(2014-12-08)
■DUNU ALPHA 1(2014-11-30)
■Fidue A71(2014-11-23)
◆AAW M20(2014-11-16)

◆Ultimate Ears UE 7 Pro(2014-11-3)
■絶対失敗しない攻めのサウンド、お薦めイヤホン6品(2014-10-21)
■NOBLE AUDIO Kaiser 10 universal(2014-10-18)
◆カナルワークスCW-L71PSTS(2014-10-12)
■UCOTECH IL300 affetto(2014-10-05)

◆rhines stage 4U(2014-09-28)
●ROCK JAW ACERO(2014-09-21)
◆Westone ES60(2014-09-14)
■Astrotec Lyra(2014-09-08)
■NOBLE FR(WIZARD)(2014-08-26)

■Fidue A83(2014-08-19)
◇Musician's Ear Plugs(2014-08-10)
◆Noble Audio 5C R Configuration(2014-07-27)
◆FitEar萌音-MONET(2014-07-21)
■SHURE SE112(2014-07-13)

■Blue Ever Blue 878(2014-07-01)
■茶楽音人Donguri-楽(RAKU)(2014-06-24)
■オーディオテクニカATH-CKR10(2014-06-14)
◇estron Music、BaX(2014-06-03)
■OSTRY KC06(2014-05-18)

◆VISION EARS VE6 Xcontrol(2014-05-25)
■Fidue A81(2014-05-17)
◆カナルワークスCW-L32(2014-05-04)
■アルティメットイヤーズUE900s(2014-04-26)
■Astrotec AX60&AX35(2014-04-20)

◆CUSTOM ART Pro 330v2(2014-04-13)
●MPC Headphones(2014-04-06)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz(2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報