2010年代をBARKSニュースで振り返る【2020年 新春企画】

ツイート


どこか新たな始まりを予感させる「2020年」がスタートした。そんなひとつの区切りを機に今回は、2010年から2019年にBARKSで掲載したニュースをピックアップし、2010年代の音楽シーンを一挙に振り返ってみたい。

  ◆  ◆  ◆

【2010年】

◆テイラー・スウィフト、来日公演が決定

◆世界の終わり、ついにシングル発売

◆ドレイク、初の北米ソロツアー開催へ

◆マイケルの担当医、裁判が開始される。

◆PIZZA OF DEATH、ついにデジタル解禁

◆ジャスティン・ビーバー初来日決定、ショーケースにご招待

◆ハイチ地震救済のための「WE ARE THE WORLD 25 FOR HAITI」、モバイル配信

◆リバティーンズ、レディング・フェスティヴァルで再結成

◆ゆらゆら帝国、3月31日をもって解散

◆BARKS、サイト開設10周年記念ライヴ・イベント開催決定

◆スーザン・ボイル、日本の春を満喫

◆映画『ソラニン』、各ランキング1位続々と奪取

◆初音ミクCD、初のオリコンデイリーランキング1位

◆オアシス、<フジロック2009>のフル映像上映会決定

◆BEAT CRUSADERS、9月解散

◆ザ・ヴァセリンズ、20年振りに2ndアルバム完成

◆GORILLAZ、初の世界ツアーを発表

◆シド、メジャー・デビュー2年で東京ドームへ

◆宇多田ヒカル、「“人間活動”に専念しようと思います」

◆映画『BECK』、公開初日を迎え舞台挨拶

◆誰もみたことがないAKB48、ドキュメンタリー映画登場

◆Perfume、初の東京ドーム公演「ドキドキがとまらないです」

◆ビーディ・アイ、デビュー・アルバムは日本先行発売

◆the GazettE、初のドーム公演で4万人土下座

【2011年】

◆X JAPAN、13年ぶりのシングル「JADE」は3月北米発売

◆ホワイト・ストライプス、解散

◆英大学生が注目するジェイムス・ブレイク、デビュー・アルバムをリリース

◆【災害関連】ビーディ・アイ「日本に捧ぐ」

◆【災害関連】米ヒップホップ界、日本への支援を表明

◆【災害関連】X JAPANのYOSHIKI、2009年東京ドームでプレイしたクリスタルピアノを出品

◆【災害関連】ブライアン・メイ「被災者のために祈る」

◆【災害関連】レディー・ガガ、震災を支援しチャリティ・ブレスレットを製作

◆【災害関連】ザ・ローリング・ストーンズ、ボン・ジョヴィ、フーらも日本を支援

◆【災害関連】LUNA SEA、10年ぶり新曲「PROMISED NIGHT」配信募金に大反響

◆Mr.Children、震災被害者・地域復興を応援する「かぞえうた」を発表

◆ザ・ミュージック、日本&UK公演を最後に解散

◆t.A.T.u、解散

◆EXILE、東日本大震災で親を失った子供たちへの支援を表明

◆KARAが日本に向けてコメントを発表、全額寄付の「ジェットコースターラブ」も発売

◆BUMP OF CHICKEN、井上雄彦とのコラボによる新曲を発表

◆フジファブリック、再始動を宣言

◆氷室京介、6/11に東京ドームで全編BOΦWYの復興支援ライヴ実施

◆Hi-STANDARDが復活へ 「9.18 ハイスタンダード AIR JAM。届け!!!」

◆SHINee、日本デビュー&アビーロードスタジオでライヴも決定

◆吉川晃司と布袋寅泰、「日本一心」を掲げCOMPLEXとして東京ドームに再臨

◆チャリティーアルバム『ソングス・フォー・ジャパン』が4億円の売り上げ

◆謎のオオカミ・バンド、MAN WITH A MISSIONメジャー・デビュー決定

◆ももいろクローバーZ、1stアルバム『バトル アンド ロマンス』の詳細発表

◆L'Arc~en~Ciel、コカ・コーラとタッグを組み被災地の子供たちを支援

◆きゃりーぱみゅぱみゅ、デビュー作は中田ヤスタカ・プロデュース

◆映画『モテキ』のテーマ曲にフジファブリックと女王蜂が決定

◆リンキン・パーク、東日本大震災の救済コンサートにB'zの出演も決定

◆レディー・ガガ登場『徹子の部屋』、いよいよ7月11日(月)放送

◆TAIJIこと沢田泰司よ、永遠なれ

◆少女時代、14万人動員の初ジャパン・ツアー、大盛況で終了

◆エイミー・ワインハウス、死去

◆レイ・ハラカミ、死去

◆CNBLUE、10月19日にメジャーデビュー決定

◆毛皮のマリーズ、解散を発表

◆乃木坂46、スターティングメンバー36人決定

◆R.E.M.、解散

◆L'Arc~en~Ciel、日本人初のマディソンスクエアガーデン単独公演含むワールド・ツアー日程発表

◆ストーン・ローゼズ再結成、世界ツアーも

◆globeのKEIKOがくも膜下出血で緊急搬送、手術成功像

◆ラナ・デル・レイ、メジャーデビュー決定

◆スティーブ・ジョブズ、グラミー特別賞を受賞

  ◆  ◆  ◆

2010年はテイラー・スウィフトやジャスティン・ビーバーというビッグスターの初来日公演や、宇多田ヒカルの一時活動休止宣言が印象深い。そして2011年はやはり、未曾有の災害となった東日本大震災関連のニュースをBARKSでも数多く掲載した。また、この年はエイミー・ワインハウスの訃報に世界中のファンは悲しみに包まれた。

  ◆  ◆  ◆

【2012年】

◆東京事変、解散を発表「我らが作品群は永久に不滅です」

◆LUNA SEA、約12年ぶりのシングルリリースが決定。「12年の時を越えた、俺達の答え。」

◆ハッピー・マンデーズ、オリジナル・メンバーで再結成

◆エド・シーラン初来日イベント、ニコ生で生放送決定

◆ホイットニー・ヒューストン、急逝

◆ブライアン・ウィルソン率いるビーチ・ボーイズ、33年ぶりの来日決定

◆ゴールデンボンバー「女々しくて」が2年5ヶ月経てレコチョク1位に

◆Kis-My-Ft2、ファーストアルバムが首位獲得

◆コブクロ、活動再開おめでとう

◆Dragon Ashのベーシスト・IKUZONE、死去

◆カーリー・レイ・ジェプセン、世界的大ヒット中

◆ビースティ・ボーイズのMCAが死去

◆YUKI、女性アーティスト初の快挙&ソロ10周年記念東京ドームで5万人が祝福

◆Ken Yokoyama、<東北ライブハウス大作戦>でこけら落とし

◆ももいろクローバーZ、初の西武ドームでのサマーライヴ・ファイナルに3万7000人を動員

◆BIGBANG、韓国アーティスト初の三大ドームを制覇

◆PSY、YouTubeで最もお気に入りのビデオに

◆ユニバーサル ミュージック、EMIミュージックを買収

◆FUNKY MONKEY BABYS、2013年のツアーをもって解散を発表

◆RADWIMPSのヴォーカル野田洋次郎、illionとして世界進出

【2013年】

◆Pay money To my PainのK(Vo)、急性心不全で他界。享年31歳

◆BIGBANGリーダー・G-DRAGON、3大ドームツアー決定。韓国出身ソロアーティスト史上初

◆デスティニーズ・チャイルド、8年ぶりに復活

◆ワン・ダイレクション、ハッピをまとって遂に日本初上陸

◆The 1975、デビューアルバムは80年代へのオマージュ

◆デヴィッド・ボウイ、60ヵ国でiTunesトップアルバムチャート1位

◆マイ・ケミカル・ロマンス、解散

◆YUIがバンド:FLOWER FLOWERで活動再開「パワフルでおもしろい発想を自由に表現したい」

◆DIR EN GREY、キャリア初のオリコン1位獲得 今週末よりいよいよ全国ツアー開幕

◆ニコニコ超パーティーIIに小林幸子、中川翔子、松岡充などアーティスト降臨。VOCALOIDによるライブも

◆英シングル・チャート、ダフト・パンクが3週連続で1位をキープ

◆Mr.Children、<SUMMER SONIC 2013>に初出演決定

◆『あまちゃん』のサントラ盤、異例の初回出荷数1万5000枚突破

◆サザンオールスターズ、35周年の記念日に活動再開を発表。「5年間お待たせして、本当に申し訳ありませんでした。」

◆ザ・ローリング・ストーンズ、グラストンベリー・フェスティバルで大迫力の初ステージを披露

◆リリースから40年 荒井由実の「ひこうき雲」がレコチョクランキング、iTunesトップソング1位に

◆天野春子が歌う「潮騒のメモリー」がレコチョク着うたランキングを制す

◆マキシマム ザ ホルモン、『予襲復讐』がアルバムウィークリーチャート初の首位

◆水曜日のカンパネラ、落語&鹿の解体を盛り込んだ主催イベント開催

◆アヴィーチーのアルバム『トゥルー』、日本上陸

◆突然全米1位、次代のマライアとの異名を持つアリアナ・グランデ

◆ルー・リード、死去

◆全世界で注目、ロード「ロイヤルズ」全米全英にて1位

◆新たなボーイズグループWINNERが、BIGBANGに続く第二のボーイズグループとしてYG ENTERTAINMENTよりデビュー決定

◆銀杏BOYZ、ベース安孫子真哉とチン中村の脱退を発表

◆DIR EN GREYの京が、新バンドsukekiyoを結成! 元日にミュージックビデオを世界111カ国で配信

◆大瀧詠一、急逝

  ◆  ◆  ◆

この頃は、ワン・ダイレクションが世界を席巻し、PSYの「江南スタイル」が大ヒット。国内では、『あまちゃん』も大人気だった。一方で、ルー・リード、ビースティ・ボーイズのMCA、大瀧詠一といった音楽界の財産がこの世を去った年でもあった。

【2014年】

◆LINDBERG活動再開。渡瀬マキ「あと半分の音楽人生は、LINDBERGの音楽と共に生きよう!と決心」

◆ゲスの極み乙女。とindigo la End、川谷絵音を中心とする両バンドが同時メジャーデビュー決定

◆佐久間正英、永眠

◆BABYMETAL、1stアルバムから熱狂蘇る「ギミチョコ!!」MV解禁

◆韓国のEXO、日本デビュー前にさいたまスーパーアリーナ公演決定。7万人動員予定

◆韓国HIP HOPボーイズグループ“防弾少年団”が日本メジャーデビュー決定

◆Little Glee Monster、プレデビューミニアルバムで歌ウマぶりを披露

◆[Champagne]、改名へ

◆カニエ・ウェスト、<FUJI ROCK FESTIVAL'14>の出演をキャンセル

◆SEKAI NO OWARI、初の映画『TOKYO FANTASY』8月公開

◆ザ・リバティーンズ、再結成を正式発表

◆羽生結弦、願いを込めてNHK復興支援ソング「花は咲く」をスケーティング

◆syrup16g復活! ニューアルバム『Hurt』発表+ツアー決定

◆WANIMA、PIZZA OF DEATH初のレーベル&マネージメント契約

◆賛否両論の無料配信に、U2「騒ぎを起こすのが僕らの役目」

◆ウィルコ・ジョンソン、癌を克服

◆オーケー・ゴー、あの驚愕映像にPerfume

◆【イベントレポート】GOT7、初の日本ツアーで「僕たちの幸運はファンのみなさん」

◆ももいろクローバーZ vs KISS、コラボシングルが実現

◆マーク・ロンソン、新ビデオでブルーノ・マーズをフィーチャー

◆再評価の声高まる松浦亜弥、歌手休業前最後のライブ映像公開

◆【コメント全文】道重さゆみ、「さゆみのファンの人たちが、ほかの誰でもない、みんなでよかった。」

◆L'Arc-en-Ciel、映画『Over The L'Arc-en-Ciel』が世界公開へ

◆ディアンジェロ、14年ぶりの新作登場

◆the telephones、初武道館&ベスト盤、そして2015年をもって活動休止を発表

【2015年】

◆グッド・シャーロットのベンジー、キャメロン・ディアスと結婚

◆和楽器バンドが初のホールコンサート。台湾公演&秋の全国ツアー決定

◆「死ね~」と歌う19歳の「あいみょん」、ラストラムよりデビュー

◆山陰より「Official髭男dism」がデビュー。「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽を」

◆シーナ&ロケッツのシーナ、死去

◆ブラー、ニュー・アルバムのリリースを発表

◆マキシマム ザ ホルモン、ナヲ妊活でライブ活動一時休止+コメント全文掲載

◆驚異のドラミング・エンタテインメント『セッション』が凄い

◆ワン・ダイレクション、ゼインが脱退

◆超特急、小室哲哉&前山田健一プロデュースでの3周年記念シングル決定

◆GLAY、東京ドーム公演で360°のステージに初挑戦。2日間で11万人動員

◆細美武士、新バンド「MONOEYES」始動

◆ブルースの巨匠B.B.キング、死去

◆hide、初のドキュメンタリームービーが遂に劇場公開

◆クール&モダンな注目のバンドSuchmos、1stフルアルバム発売+新メンバー加入

◆ONE OK ROCK、北米デビュー。全歌詞英語詞『35xxxv Deluxe Edition』発売+北米ツアー決定

◆50セント、破産宣告

◆ボカロP・椎名もた、逝去。享年20歳

◆YouTuber HIKAKIN&兄SEIKINがYouTubeテーマソングをリリース

◆【ライブレポート】BABYMETAL、英レディング&リーズで大シンガロング

◆Google Play Music、ついに日本でサービス開始

◆ジャスティン・ビーバー、新記録樹立でUK初のNo.1

◆サカナクション、自主レーベル「NF Records」立ち上げ

◆ジャスティン・ビーバーとワン・ダイレクション、新作を同日発売

◆安室奈美恵×初音ミク、コラボMV解禁。撮影メイキング映像までも制作

◆氷室京介、ファイナルライブとなる4大ドームツアー開催決定

◆エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『AMY(原題)』、2016年夏公開

◆モーターヘッドのレミー、死去

  ◆  ◆  ◆

2014年は、今をときめくBTS(防弾少年団)が日本メジャーデビューを果たし、2015年にはあいみょん、Official髭男dismがインディーデビュー。BABYMETALが英<レディング&リーズ>出演という快挙も成し遂げた。一方で、この年の年末にはモーターヘッドのレミーの死去という訃報も届いてしまった。

◆2016年〜2019年の記事へ
この記事をツイート

この記事の関連情報