第53回グラミー賞

53rd GRAMMY(R) AWARDS

第53回グラミー賞授賞式 WOWOWで2011.2.14 独占生中継

2010.12.1 ノミネートが決定!

世界最大の音楽の祭典である第53回グラミー賞授賞式が、2011年2月14日(アメリカ現地時間2月13日)にロサンゼルスのステイプルズ・センターにて開催される。これに先がけ12月1日(同12月2日)、授賞式会場すぐ横に位置するクラブ・ノキアにてグラミー賞のノミネート発表<The Grammy Nominations Concert Live!! - Countdown To Music's Biggest Night>が行われた。

今回も、昨年、一昨年と同様に、ゲスト・アーティストのパフォーマンスを交えたライブ・コンサート形式のものになった。今年はケイティ・ペリーやB.o.B、ロンドンからの生中継での参加となったジャスティン・ビーバーらが圧倒的なパフォーマンスを披露した。

グラミー賞を授与するNARAS(ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ&サイエンス)より全108部門が発表され、クラブ・ノキアのステージでは、スティーヴィー・ワンダーやフー・ファイターズのデイヴ・グロールといった豪華アーティストによって年間最優秀楽曲、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、最優秀新人賞の主要部門を含む計5部門のノミネートが発表された。

今年の最多ノミネートはヒップホップ界のスーパースター、エミネムで、年間最優秀アルバムなど計10部門にノミネート。そしてブルーノ・マーズが7部門、ジェイ・Z、レディ・アンテベラム、レディー・ガガが6部門、ジェフ・ベック、B.o.B、デヴィッド・フロスト、フィリップ・ローレンス、ジョン・レジェンドが5部門でそれぞれノミネートされた。

この第53回グラミー賞授賞式の模様は、WOWOWによって独占生中継される。これに先だって、WOWOWでは『BOOMUP GRAMMY! 2011』を2011年1月10日(月)23:00~スタート。今年度のノミネートアーティストや、最新情報を5回に渡り紹介する。

写真:ロイター/アフロ

グラミー賞を盛り上げる関連番組

グラミー賞 年間最優秀レコードの受賞予想企画

Twitterで投票していただき、みごと予想が的中した方の中から抽選で、グラミー賞オフィシャルグッズをプレゼントいたします。
期間:2011年1月14日 18:00 ~ 2011年2月14日 9:30

第53回グラミー賞特設サイト

グラミー賞を盛り上げる関連番組

■ グラミー直前!ライブ 9days
2月5日(土) 16:30 レディー・ガガ ロンドン・ライブ・スペシャル 【無料放送】
2月6日(日) 24:00 ケイティ・ペリー ロンドン・ライブ・スペシャル
2月7日(月) 24:00 ビヨンセ ライブ・イン・ヴェガス
2月8日(火) 19:50 コールドプレイ ライブ 2003
2月9日(水) 19:30 エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド ライブ・アット・マジソン・スクエア・ガーデン
2月10日(木) 20:30 R.E.M. ライブ・アット・ザ・ポイント
2月10日(木) 21:30 Larry Carlton & Tak Matsumoto Special ~TAKE YOUR PICK
2月11日(金・祝) 18:00 グリーン・デイ ライブ・アット・フォックス・シアター
2月12日(土) 15:50 エルトン・ジョン&レオン・ラッセル ザ・ユニオン
2月13日(日) 18:20 ビリー・ジョエル ラスト・プレイ・アット・シェア・スタジアム

■ ノンフィクションW
2月7日(月) 22:00~ ノンフィクションW 「グラミー賞に取り憑かれた男~元外交官・阿曽沼和彦~」

第53回グラミー賞 関連ニュース

アイアン・メイデン、「ベスト・メタル・パフォーマンス」でグラミー初受賞

レディ・アンテベラム、第53回グラミー賞授賞式にて最多受賞に輝く

第53回グラミー賞最優秀新人賞を受賞した、エスペランサとは?

松本孝弘、「明日からまた新たな音楽創りに精進していきたい」

第53回グラミー賞、最優秀アルバム賞はアーケイド・ファイア『THE SUBURBS』

松本孝弘&ラリー・カールトン、グラミー最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム受賞

第53回グラミー賞授賞式直前に洋楽ライブを9日間連続放送

第53回グラミー賞ノミネートの松本孝弘とラリー・カールトンの夢の共演をオンエア決定

第53回グラミー賞、エミネム、レディー・ガガが複数にノミネート

松本孝弘、ラリー・カールトンとともにグラミー賞にノミネート

主要4部門ノミネーション

年間最優秀レコード候補

年間最優秀楽曲候補

年間最優秀アルバム候補

最優秀新人賞候補

日本人アーティスト ノミネート

喜多郎『空海の旅4』
最優秀ニューエイジ・アルバム

Larry Carlton & Tak Matsumoto『Take Your Pick』
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム
B'zの松本孝弘がラリー・カールトンと共作

その他のノミネート

最優秀ポップ・パフォーマンス(女性)

サラ・バレリス 「キング・オブ・エニシング」

ビヨンセ 「ヘイロー(ライブ)」

ノラ・ジョーンズ 「チェイシング・パイレーツ」

レディー・ガガ 「バッド・ロマンス」

ケイティ・ペリー 「ティーンエイジ・ドリーム」

最優秀ポップ・パフォーマンス(男性)

マイケル・ブーブレ 「ハブント・メット・ユー・イエット」

マイケル・ジャクソン 「This Is It」

アダム・ランバート 「ホワット・ユー・ウォント・フロム・ミー」

ブルーノ・マーズ 「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」

ジョン・メイヤー 「ハーフ・オブ・マイ・ハート」

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

ジャスティン・ビーバー 『マイ・ワールズ』

スーザン・ボイル 『夢やぶれて』

レディー・ガガ 『ザ・モンスター』

ジョン・メイヤー 『バトル・スタディーズー』

ケイティ・ペリー 『ティーンエイジ・ドリーム』

最優秀ダンス楽曲賞

ゴールドフラップ 「ロケット」

ラ・ルー 「イン・フォー・ザ・キル」

レディー・ガガ 「ダンス・イン・ザ・ダーク」

リアーナ 「オンリー・ガール(イン・ザ・ワールド)」

ロビン 「ダンシング・オン・マイ・オウン」

最優秀ロック・アルバム

ジェフ・ベック 「エモーション・アンド・コモーション」

ミューズ 「ザ・レジスタンス」

パール・ジャム 「バックスペイサー」

トム・ペティ &ザ・ハートブレイカーズ 「モジョ」

ニール・ヤング 「ル・ノイズ」

最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム

クリス・ブラウン 『グラフィティ』

R.ケリー 『アンタイトルド』

ライアン・レスリー 『トランジション』

ジャネル・モネイ 『アークアンドロイド』

アッシャー 『レイモンド V レイモンド』